定年退職後に思うこと

8年前に42年勤めた会社を定年退職して、思うのは会社には

十人十色の人間がいたなと懐かしく思う。

その時は人間的に気が合わない同僚や上司も、いまでは懐かしい人たちだ。

年を取ったということか。

会社では営業にいたので日々営利の追求、儲けること、

どんなに高い目標でも何が何でもクリアするぞと燃えてセールスをしていた。

だから目標を達成したときの喜びは格別のもがあった。

同僚と祝いに飲んだ酒の美味かったこと・・・懐かしい

退職以来、皆と合う事がなくなったが元気でいることやら

暇を見つけて会いに行ってみたくなったこの頃

コメントを残す