鬼滅の刃1巻のあらすじとネタバレや感想は?無料で読む方法も!

鬼滅の刃 1

内容紹介

時代は大正時代。炭を売る心優しい少年 炭治郎の日常は、家族が鬼に殺されたことで一変する。鬼に化けてしまった唯一の生き残りである妹・禰宜子を取り戻し、家族を殺した鬼の仇を討つため、炭治郎は禰宜子と共に旅に出る!血と風と剣の冒険物語!

発売日:2016年6月3日

作品情報

著者 : 吾峠呼世晴
出版社 : 集英社
掲載誌 : 週刊少年ジャンプ
レーベル : ジャンプコミックスDIGITAL

漫画「鬼滅の刃 1巻」を無料で読む方法

「鬼滅の刃 1巻」漫画を無料で読みたい!と思っている方のために、無料で読める方法があるか調べてみました。

電子書籍サイトを利用することで、漫画「鬼滅の刃 1巻」を無料で読めることが分かりましたのでご紹介します。

まんが「鬼滅の刃 1巻」を無料で読む方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用して読む方法です。

U-NEXTの無料トライアルに登録しますと特典として600円分のポイントがもらえます。

この600円分のポイントを利用して、マンガ「鬼滅の刃 1巻」を購入して読むことができます。

今回「鬼滅の刃 1巻」は1冊418円なのでポイントだけで1冊無料で読むことができます。 しかも 1巻~21巻までサンプルを読むことができます。(2020年8月30日現在)

サンプルだけでもかなり読み応えがありました。鬼滅の刃 1巻 ネタバレにおススメです

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録して全部読んでみませんか?

U-NEXTの無料トライアルで体験できるもの

31日間無料で月額プラン1,990円(税別)を全部利用できる。
180,000本以上の映画・ドラマ・アニメの動画が見放題。
80誌以上の雑誌が読み放題。 最新作の漫画やラノベ、動画のレンタルに使えるポイント600円分がもらえる。
解約も無料トライアル期間中にすれば、月額料金が発生しないので安心です。

「鬼滅の刃 1巻」あらすじ

お父さんを早くに亡くし大黒柱の炭治郎が、正月になったらみんなに腹いっぱい食べさせてやりたいと、追いかける妹や弟を残し山を下り町に炭売りにでかけた。
町に着くと炭治郎は頼み事や、鼻が利く特技で解決したお礼やら次々に声を掛けられながら炭も全部売れ、すっかり暗くなり山に戻ろうとすると、三郎爺に鬼が出るから明日早朝に帰れと強く引き止められる。
炭治郎は早く帰りたかったが泊まることに・・・ 早朝に山に帰ると 血の匂いがします。
家の前に妹の禰豆子(ねずこ)、弟の六太が血まみれで倒れていた。
家の中では母親、妹の花子、弟の竹雄、茂が血まみれで倒れていた。 何者かに襲われ殺されていました。
禰豆子だけが体に温もりがあり生きてるようです。医者に見せれば助かる、絶対助けると必死に下山してる途中で禰豆子が突然うめき声をあげ、体も大きくなり、力も強くなり炭治郎に襲い掛かってきた。
炭治郎は三郎爺の言葉を思い出した、禰豆子が人食い鬼になったと・・・ 禰豆子に襲われてると、鬼を切ることが仕事だと言う富岡義勇と名乗る男が現れ、禰豆子を切ろうした。
禰豆子を必死に守る炭治郎に富岡義勇は、傷口に鬼の血を浴びると鬼になる。 人食い鬼はそうやって増えると教えられる。
炭治郎は禰豆子を人間に戻すと言うが富岡義勇は聞き入れないで殺そうとする。 必死に禰豆子を守った炭治郎の前に一時的に人間に戻った禰豆子がいた。
富岡義勇は狭霧山に住む鱗滝左近次を訪ねろとの言い残し去っていった。
炭治郎は母親、妹、弟を埋葬して家族を殺した鬼を討つためと、禰豆子を元に戻すために禰豆子を連れて旅立った。

U-NEXTで合法に読む(31日間無料)

画像をクリックするとU-NEXTサイトへ移動します。

海賊版サイトのまんがを読む危険性

海賊版サイトとは、まんがの作者や配給者の許可なく、まんがを掲載しているサイトのことです。 U-NEXTなど正規のところなら問題ないですが、まんがを許可なく掲載しているサイトは著作権法違反となります。
著作権のあるものを無断でネットに公開した人は処罰の対象となると聞いたことがあると思いますが、海賊版のまんがをダウンロードして読んだだけでも処罰の対象になる可能性があります。
海賊版のサイトは違法だという認識でアクセスしないでください。 公式サイトや有名なサービスは安心ですが、無料の海賊版サイトは危険と思われるので十分注意が必要です。
その理由として、

  • ウィルス感染の危険性
  • 個人情報漏えいの危険性
  • 悪質な詐欺サイトへの誘導

などがあげられます。 被害に会わないためにも、U-NEXTなどの公式サイトでまんがを見ることをおすすめします。

関連動画(YouTube)




>>>鬼滅の刃 2を無料で読む方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました