『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~7』の漫画を無料で全巻読むには?

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 7

あらすじ

明治末期、瀬戸内海の伊之島で生まれ育ったチヌ。母はおらず、幼い頃から父と美しい姉のサヨリと一緒に暮らしていた。ある日、父親が亡くなり、姉妹は人買いに競売にかけられる。サヨリは行商人に高値で売られ、チヌは下級遊郭に売られてしまう。チヌは生きていれば姉に会えると期待していたが、初めて客として雇われた夜、絶望から自殺しようとしていたチヌは、地主の青年・公三郎に助けられる。小三郎は過去に身分違いの恋愛をした結果、恋人と駆け落ちしてしまい、その恋人を亡くしてしまいました。そのトラウマから、小三郎は人生の中で何かに執着することなく生きてきたが、チヌの無邪気さに惹かれていく。その後、チヌの見世が廃業し、大店の遊郭東陽楼で働くことになります。東陽楼の女たちは公三郎のチヌへの好意に嫉妬し、彼女を追い出そうと企むが、チヌの仲間への心意気と仕事への心意気を認め、受け入れてくれる。チヌは見世で二番目に人気のある娼妓となり、海運会社の社長・後藤田に気にいられるが…。

発売日:—–

作品情報

著者 : 安武わたる
出版社 : ぶんか社
掲載誌 : ストーリーな女たち

漫画「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~(7)」を無料で読む方法

「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~(7)」漫画を無料で読みたい!と思っている方のために、無料で読める方法があるか調べてみました。

電子書籍サイトを利用することで、漫画「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~(7)」を無料で読めることが分かりましたのでご紹介します。

まんが「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~(7)」を無料で読む方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用して読む方法です。

U-NEXTの無料トライアルに登録しますと特典として600円分のポイントがもらえます。

この600円分のポイントを利用して、マンガ「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~(7)」を購入して読むことができます。

今回「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~(7)」は1冊660円なのでポイントだけで1冊無料で読むことができませんでした。

でも1巻~15巻までサンプルを読むことができます。(2020年9月26日現在)

サンプルだけでもかなり読み応えがありました。声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~(7) ネタバレにおススメです

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録して全部読んでみませんか?

>>>声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~(7)を無料で立ち読みする!

U-NEXTの無料トライアルで体験できるもの

31日間無料で月額プラン1,990円(税別)を全部利用できる。

180,000本以上の映画・ドラマ・アニメの動画が見放題。

80誌以上の雑誌が読み放題。

最新作の漫画やラノベ、動画のレンタルに使えるポイント600円分がもらえる。

解約も無料トライアル期間中にすれば、月額料金が発生しないので安心です。

今すぐU-NEXTを体験する!

感想・レビュー

6話まで読んだのですが、遊郭物語が好きなので続きが読みたくなりました。試し読みで知ったのですが、主人公のチヌがおばさんになってからの話でもあるようなので、最終話まで読んでみようと思います。

この時代に生まれていたら、私も同じように親に売られていたのかな、と考えさせられる作品でした。
親兄弟のために売られて働くことができただろうか…。
生きがいがなければ、生きていけないかもしれませんが
結局人には心の支えが必要なんだと
考えさせられました。

U-NEXTで合法に読む(31日間無料)



画像をクリックするとU-NEXTサイトへ移動します。

海賊版サイトのまんがを読む危険性

海賊版サイトとは、まんがの作者や配給者の許可なく、まんがを掲載しているサイトのことです。

U-NEXTなど正規のところなら問題ないですが、まんがを許可なく掲載しているサイトは著作権法違反となります。

著作権のあるものを無断でネットに公開した人は処罰の対象となると聞いたことがあると思いますが、海賊版のまんがをダウンロードして読んだだけでも処罰の対象になる可能性があります。

海賊版のサイトは違法だという認識でアクセスしないでください。

公式サイトや有名なサービスは安心ですが、無料の海賊版サイトは危険と思われるので十分注意が必要です。

その理由として、

  • ウィルス感染の危険性
  • 個人情報漏えいの危険性
  • 悪質な詐欺サイトへの誘導

などがあげられます。

被害に会わないためにも、U-NEXTなどの公式サイトでまんがを見ることをおすすめします。

>>声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~8 を無料で読む方法

タイトルとURLをコピーしました